大切に使う

近所迷惑にならないように防音室を施工してもらうならコチラでおすすめの業者が分かるかもしれません!口コミ情報は必見です!

アンティークという考え方が広がってきたことから、日本でも古い道具が珍重され始めてきた。
陶器や茶道具などは、芸術品でもあったので、新しいものが好きな日本人の性質であっても、骨董品として大事にされてきたのである。
しかし、日本の家財道具といえば簡素にできているものが多く、由緒正しい家柄で特別に作ったものでなければなかなか残ることがなかった。
これは、木や紙でできているということも関連しており、日本の民芸品はすぐに破れ、湿気によって弱くなり形が崩れやすかったからである。
高温多湿の気候も、民芸品を大事に保管するには適さない環境である。
しかし、昔の人は物を大事に修理しながら使い、生活の知恵を役立ててきた。
細かいものは無くなってしまうが、桐箪笥や大きな家財道具は修理が施されいつまでも所有されていることが多い。

特に丈夫な木で作られた大きな家具は、修理すればいつでも使うことができ、また近年では備えている高機能さが見直されてきた。
アンティークの家具はインテリアとして、国内外でも人気があるため、中古の古道具でも修理され買い取りされている。
修理のためには専門の職人の力が必要になる。
このため、桐箪笥を利用し続けるのであれば、その職人を見つけいつまでも懇意にするとよい。
桐箪笥の修理を取り扱っているのは、古くから営業している家具屋が多い。
昔からの技法が使われているため、桐箪笥は通常の西洋家具とは一味違う修理の方法が必要とされる。
このため、修理や買取りをするならば、確かな洗浄や修理の技術のある店を選ぶべきである。

古くなった家具

古くなってしまった家財道具は使い勝手が悪いので、処分してしまう。桐箪笥は昔から嫁入り道具として使われていたが、質が良い家財道具のため、修理をすれば充分に使うことができる。昔の人は上手く直し、道具を使ってきた。

Read more »

換気性に優れている

桐箪笥が嫁入り道具として長年使われてきたのは、通気性が良く、着物を保管するためにはとても良い家具であったため。修理をすればこの換気性も更に伸ばすことができるので、利用すると良い。

Read more »

耐火性がある

耐火性がある桐箪笥は、現在でも必要とされる家具の性質であり、修理して使えるならばぜひ使いたいものである。江戸は昔から火事が多い地域であったため、多く使われていた。昔の人は木の性質をよく知っていたといえる。

Read more »

再利用

物を大切に使うというリサイクルの精神は、ここ最近のものではなく、昔から大事にされていること。桐箪笥の修理には特別な技術が必要で、全国にこうした技術を持った職人がいる。

Read more »


オススメリンク